会長あいさつ

              
                              新井陽太郎会長
第19回総会 新井陽太郎会長挨拶(要旨)
絶好の総会日和になりましたが、寒暖差が激しく私たちには堪(コタ)える気候の中、本第19回総会に県内だけでなく県外からもご参集いただきました。大変ご苦労様です。また、お忙しいなか常日ごろより、ご指導・連携・ご協力をいただいている中央協、NTT労組神奈川グループ連絡会そしてご来賓の皆様、大変ありがとうございます。異例ではありましたが国会対応の関係もあり、組織内・吉川参議院議員そして牧山参議院議員には既に激励のご挨拶をいただきました。大変ありがとうございました。本日は、総勢約230名の参加による開催となりました。会場も、手狭な状況ではありますが、最後までのご協力をお願いするところです。 さて、昨年の総会で現体制になり1年が経過しました。役員会の運営体制の充実に努め、現役の皆さんと連携のもと各課題に一定の成果・結果を出すことができたものと思っております。以下2点について、触れさせていただきます。
まず、最重点課題として取り組んだ、710日投開票の第24回参議院選挙です。結果は、参議院における自民党の単独過半数を、さらに衆参両院において、戦後初となる「与党改憲勢力3分の2議席」を許すことになりました。こうした中、比例代表全国区選挙に挑んだ我が組織内『石橋みちひろ』は全国で171486票を獲得し、みごと当選を果たすことが出来ました。
私たち支部協における取り組みは、「私たち『退職者の会』会員は、今こそ、選挙で行動をおこそう」として、徹底した各種確認活動等、これまでにない取り組みの結果、神奈川県内『石橋みちひろ』得票数の増加など、ささやかながら尽力できたものと確信しているところであり、支部協の取り組みは全国的にも評価されるものと自負しているところです。改めて、会員・ご家族等の皆さまのご理解・ご協力に心から感謝申し上げるところです。とりわけ、この確認活動をけん引いただいた役員の皆さんには、厳しい要請を多々申し上げ、ご苦労をいただいてまいりました。この間のリーダーシップ、ボランティア精神の発揮に改めてお礼申し上げます。このエネルギーを、次期第48回衆議院議員選挙、組織内候補「たじま要」衆議院議員(千葉1区)の再選に向けた取り組みにつなげていきたいと思います。つぎに「熊本地震」について申し上げます。
本年4月に発生した熊本地震について、その状況は、死者50人、関連死75人、退職者の会熊本県支部協でも1人の犠牲者が出てしましました。改めてご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さんにお見舞い申し上げます。その後の豪雨による2次災害、阿蘇山噴火と厳しい状況が続いており、復興には程遠い状況です。
10月21日発生の鳥取地震では、現職では仏壇が倒れた程度で被災無し。退職者鳥取県支部協約1000人については、11月2日現在も安否確認中ですがおそらく被災はないとの連絡です。
また、東日本大震災から57か月が経過しましたが、未だ16万人が避難生活を余儀なくされています。私たち神奈川県支部協も中央協、グループ連絡会の皆さんとともに、震災とその教訓を風化させない取り組みを継続していくことします。
なお、ご協力いただきました熊本地震支援カンパは、NTT労組全体で12千万円、そのうち退職者の会は2900万円、神奈川県支部協からは183名から66987円を集約させていただきました。皆さんの温かいおこころに感謝いたします。被災された皆さんに、一日も早く平穏な日々が訪れますことをあらためて祈念するものです。
次に、方針に関連して、一点申し上げたいとおもいます。TPPの強行採決、「核兵器禁止条約」に反対、自衛隊駆けつけ警護は…。安倍政治の暴走にますます拍車がかかり、まさにやりたい放題 連合はどうした、民進党はどうするなどなど、課題山積ですが…。
  又、大地震は東日本、熊本、鳥取は現実である。危機意識は高まっているが、何とかなるだろうと「備えていない」。「退職者の会」の組織の使命として、「備えること」を絶えずその連絡体制について、議案書の方針で、<会員相互の「つながり」つくりに向け>として、提起いたしました。が、その大前提は、「自分で自分を守る」です。「地震・台風・火事・温暖化」に、確実に「来る」のです。会員お一人おひとりが「備えること」を実践していただくことです。本日家にお帰りになったら直ちに行動をしてください。
以上、雑駁に何点か申し上げましたが、後程、事務局長が提案する、「会の発展と会員皆さんの安心・安定をめざすため」の2016年度活動方針案について、満場一致決定いただくことを申し上げ挨拶とさせていただきます。
挨拶全文はここをクリック下さい。(PDF)
役員名簿
川崎・横浜地区

会 長 新井 陽太郎 磯子区
副会長 佐藤 敏郎 中区
事務局長  徳永 由美子  戸塚区 
事務局次長   鈴木 三夫  青葉区 
事務局次長  杉本 秋一   緑区
会計監査 久保川 昭一 西区
会計監査 浅井 辿 栄区
幹 事 道三 房江 緑区
幹 事 上野 波江 神奈川区
幹 事 石川 和夫 南区
 幹 事 岡崎 幸子  川崎区 
 幹 事 長島 光江  川崎区 
 特別幹事シニア連合専担 東谷 裕明  港南区 

厚木・藤沢地区

副会長 井上 精司 座間市
幹 事 岡田 修 鎌倉市
幹 事 有村 幸三 茅ヶ崎市
幹 事 叶 森統 大和市
幹 事 袴田 克美 藤沢市
幹 事 青木 博道 藤沢市
幹 事 熊谷 洋征 藤沢市

横須賀地区

副会長 井上 義達 横須賀市
事務局次長 明珍 スイ 横須賀市
会計監査  福島 英雄  横須賀市 
幹 事 石倉 和義 横須賀市
幹 事 大内 栄 横須賀市
幹 事 松永 代二郎 横須賀市

小田原・平塚地区

副会長 岡田 忠一 秦野市
事務局次長  小笠原 勇  平塚市 
幹 事 松本 健一 小田原市
幹 事 八木 隆男 平塚市
幹 事 古川 和男 小田原市
幹 事 筏井 和子 二宮町
※ 担当役員の自宅電話番号は2016年会員名簿に掲載(12月末発行予定)

◆ 地区交流会開催 地域別区分図←ここをクリック下さい
 ページのトップへ戻る