NTT労組退職者の会神奈川県支部協議会のご案内

退職者の会設立の経緯

 1971年(昭和46年)インフレによる国民の生活不安は、年金生活者も例外ではありませんでした。命の綱ともいうべき年金は、日に日に目減りして忍耐の限界まで達しました。しかし、1人ひとりではどうすることもできませんでした。そのような状況のなかで総評(当時)の呼びかけでその年の「敬老の日」に「9・15一万人集会」が開かれ、会場は高齢者であふれました。それを契機にして「退職者といえども団結しなければ生活は守れない」と労働組合につぎつぎと「退職者の会」が結成されました。
現在は、私たち団体も加入している日本高齢・退職者団体連合(会員数約70万人)から政府に毎年私たちの問題である「安心、信頼の社会保障制度の確立」を求める要求書を提出しています。
全電通(当時)労働組合も1972年の定期大会で「退職者の会結成を検討する」との方針を決定し、中央、地方でその準備が開始されました。そして1973年6月6日、全国の退職者の代表が全電通本部に集まり「全電通退職者の会」を結成することを確認しあい、その年の9月14日に4,082人で退職者の会は発足しました。
一方、神奈川県においては、当時は現職組織が神奈川支部と横浜支部と2支部に分かれていました.。上部機関であった全電通関東地方本部(当時)の指導により、全電通退職者の会神奈川支部協議会が1974年1月27日会員数71名、横浜支部協議会が1974年2月2日会員数54名で結成されました。
現在はNTT労組の現職組織統合により神奈川、横浜両支部協が1999年2月20日に統合し会員数1,499名の「神奈川県支部協議会」として発足しました。2022年6月30日現在の会員数は3,559名となっています。
会則(2022年10月29日改定)  
2022年度活動方針
  
2022年10月29日開催の第25回総会で活動方針は原案どおり決定しました。

退職者の会の主な活動

慶弔金等の支払い
(2011年1月1日より)
古稀 5,000円(ギフトカード)
喜寿 8,000円(ギフトカード)
米寿 5,000円(ギフトカード)
本人死亡 10,000円(支部協5,000円含む)
NTT労組新聞 家庭直送
会員手帳 家庭直送
法律相談 現職時と同様に利用できます。(NTT労組神奈川県グループ連絡会へ連絡)
輸血センター 現職時と同様に利用できます。(NTT労組神奈川県グループ連絡会へ連絡)
神奈川県支部協議会定期総会(年1回) 年輪イメージ
地区交流会(年1回 4箇所に地区を分けて開催)
会員宅の草取りと簡単な庭の手入れ
葬儀に関する契約を株式会社全国儀式サービスと締結
役員名簿
川崎・横浜地区

会 長 新井 陽太郎 磯子区
副会長 松原 亘正 戸塚区
副会長 徳永 由美子  戸塚区 
事務局長  杉本 秋一 緑区 
事務局次長  鈴木 三夫 青葉区 
事務局次長 穴井 安治 泉区
幹 事 上野 波江 神奈川区
 幹 事 岡崎 幸子 川崎区 
 幹 事 長島 光江 川崎区 
 幹 事 角張 寒子 多摩区 
 幹 事  岩月 松子  南区
 幹 事  山本 万里子 中原区 
 幹 事 後藤  豊  戸塚区 
 幹 事 鳥海 澄子  西区 
 幹 事 原 まさ江  中原区 
幹 事  小林 松枝  西区 
 特別幹事シニア専担 東谷 裕明  港南区 
会計監査  道三 房江  緑区 

藤沢・厚木地区

副会長 有村 幸三  茅ヶ崎市
幹 事 叶 森統 大和市
幹 事 沢  巌男 相模原市
幹 事 田村 悦子 藤沢市
 幹 事 土屋 まち江  藤沢市 
 幹 事 柴原 一喜  藤沢市 
 幹 事  松本 武幸 海老名市 
 幹 事   菅野 秋夫 藤沢市 
 幹 事   栗林  千明  藤沢市 
幹 事  池田  明  座間市 
会計監査  前川  厚  茅ヶ崎市 

横須賀地区

副会長 三島 眞一 横須賀市
 事務局次長  高橋 直樹 横須賀市 
幹 事 大内 栄 横須賀市
幹 事 立花 淑人 三浦市
 幹 事 黒金 洋子 横須賀市 
幹 事  鈴村 多美子  横須賀市 
幹 事 増山 清貴  横須賀市 
幹 事  秋本 さち子  三浦市 
 会計監査 神子 明美  横須賀市  

平塚・小田原地区

副会長 松本 健一 小田原市
幹 事 栗原 勇明 平塚市
 幹 事  須藤 和枝 平塚市 
 幹 事 中里 かつ子  平塚市 
 幹 事 青木 雄二  平塚市 
 幹 事 大津 博  秦野市 
 幹 事 本多 栄次  小田原市 
 幹 事 遠藤 周治  南足柄市 
 幹 事  天満  淳 平塚市 

常駐体制
 毎週原則、月曜日〜金曜日(祝日を除く)の10時〜15時に常駐
 ページのトップへ戻る